Watanabe Sadao / 渡辺貞夫

Watanabe Sadao / 渡辺貞夫
Biography

渡辺 貞夫(Watanabe Sadao わたなべ さだお、1933年2月1日 – )は、栃木県宇都宮市出身の日本のジャズ/フュージョンサックスプレーヤー、作曲家。栃木県立宇都宮工業高等学校卒業。「ナベサダ」の愛称がある。フルートも吹く。

ビング・クロスビー主演の映画「ブルースの誕生」を観て、クラリネットを始める。1951年に上京し、銀座のクラブ等で演奏活動を始める。その後、宮沢昭、守安祥太郎と出会い影響を受ける。

 ・ amazon : 渡辺貞夫

 ・ Spotify : Watanabe Sadao / 渡辺貞夫

Watanabe Sadao / 渡辺貞夫の経歴

1953年、穐吉敏子率いるコージー・カルテットに加入。1956年に穐吉が渡米してからは、渡辺がバンド・リーダーとなる。コージー・カルテット解散後の1958年にはジョージ川口ビッグ4に加入。1961年初リーダーアルバム『渡辺貞夫』を発表。

1962年に、アメリカボストン市のバークリー音楽院(現・バークリー音楽大学)に留学した。在学中にチコ・ハミルトン、ゲイリー・マクファーランド、ガボール・ザボ等と共演。ゲイリー・マクファーランドを通じてボサノヴァの魅力を知り、1965年に帰国後、多くの内外ミュージシャンと共演し、日本ジャズ界のリーダーとして活動する一方、ボサノヴァの演奏にも熱心に取り組んだ。1968年にはニューポートジャズ祭に出演。

  

1969年に発売されたアルバム『PASTORAL』からはいわゆる“ジャズ”を超えた音作りに取り組み、1977年発売のアルバム『渡辺貞夫リサイタル』では芸術祭大賞を受賞した。

デイヴ・グルーシン等を従えて制作したフュージョン・アルバム『カリフォルニア・シャワー』(1978年発表)はジャズ界では空前の大ヒット作となり、フュージョン・サウンドをポピュラー音楽として広めることになる。

また、アフリカ音楽等ワールド・ミュージックのエッセンスを逸早く吸収し、自身の音楽世界を創造して来た先見性は、目を見張るものがあった。そして、チャーリー・パーカーに影響された彼のアルト・サックス奏法は、現在まで変わることはない。

1984年4月、第1回宇都宮市民栄誉賞受賞。
1988年5月、ロサンゼルス名誉市民賞受賞。
1995年11月、紫綬褒章受章。
1996年、米国バークリー音楽大学より名誉音楽博士号授与。
2002年6月、第1回栃木県民栄誉賞受賞。
2005年に行われた2005年日本国際博覧会“愛・地球博”では政府出展事業の総合監督を務め、「Share the World〜こころつないで〜」の作曲を担当した。その功績を認められて11月に旭日小綬章を受章した。
2011年4月に国立音楽大学で設置される「ジャズ専修」の招聘教授に就任。

近年は青少年への音楽の普及に取り組んでいる。また、JFN加盟ラジオ局の番組「渡辺貞夫 Nightly Yours」のパーソナリティーを勤め、TOKYO FMの番組審議委員会の委員でもある。
ナベサダの愛称でTVCMなどにも出演し、飄々としたキャラクターを見せている。