1953年5月15日、カナダのトロントで同市のジャズ・ソサエティが主催するコンサートがマッセイ・ホールで開かれた。それだけなら、別にどうということはないが、出演メンバーの顔ぶれが前代未聞だった。なにしろ、チャーリー・パーカー、ディジー・ガレスピー、バド・パウエル、チャールス・ミンガス、マックス・ローチというそうそうたる顔ぶれのオールスター・クインテットが登場したのだ。いずれ劣らぬジャズの巨人たち。
個々の組み合わせはほかでも聴けるが、この5人による録音は後にも先にも本作が唯一。このアルバムの魅力は顔ぶれだけではない。演奏が素晴らしいのだ。楽器を持たないでトロント入りしたパーカーは、地元の楽器屋で借りたプラスティック製のアルト・サックスを吹いた。しかしプレイにはまったく支障はない。「弘法筆を選ばず」とはまさにこのことだ。曲はおなじみのビバップの名曲ばかり。丁々発止とやりあうソロの応酬に思わず興奮しないではいられない。(市川正二)

 ・ GooglePlay Music : Jazz at Massey Hall (1953)

 ・ Spotify : Jazz at Massey Hall (1953)

 ・ Jazz at Massay Hall / amazon.co.jp