Cannonball Adderley / キャノンボール・アダレイ

Cannonball Adderley / キャノンボール・アダレイ
Biography

キャノンボール・アダレイ(Julian Edwin “Cannonball” Adderley, 1928年9月15日 – 1975年8月8日)はフロリダ州タンパ生まれのジャズアルト・サックス奏者。
マイルス・デイヴィスのグループで活躍し、ソウル・ジャズ、ファンキー・ジャズの立役者の一人としても知られる。
抜群のリズム感とフィンガリングテクニックを駆使した奇抜なフレージングが持ち味であり、「バード(チャーリー・パーカー)ジュニア」と呼ばれる。

 ・ Spotify : Cannonball Adderley / キャノンボール・アダレイ

Cannonball Adderley / キャノンボール・アダレイの経歴

1928年フロリダ州タンパに生まれる。
1955年にニューヨークに移り住み、ミュージシャンの間でその実力によって注目される存在となる。

1957年にマイルス・デイヴィス・セクステットに参加。アダレイはマイルスのアルバム”Milestones”(1958, Columbia)と”Kind of Blue”(1959, Columbia)に参加。ソロ初期にマイルスの実質リーダー作として録音された”Somethin’ Else”は、ジャズの名盤中の名盤ともいわれる。収録曲ではシャンソンの曲”Autumn Leaves”(枯葉)がヒットし、ジャズ・スタンダード化する。

キャノンボール・アダレイ・クインテットはアダレイのアルトサックスに弟のナット・アダレイのコルネットがフィーチュアされている。最初のクインテット(EmMarcy 時代)は売り上げを出せなかった。しかしながらマイルス・グループを離れた後、弟とグループを組み直し(Riverside ~ Capitol 時代)、成功を収めるようになってくる。

クインテット(後にセクステットになる)や他のコンボには、
ピアニストにボビー・ティモンズやビクター・フェルドマン、ジョー・ザヴィヌル、
ベーシストにサム・ジョーンズ、
ドラマーにルイ・ヘイズ、
サクソフォニストにチャールズ・ロイドとユーセフ・ラティーフがいた。
キャノンボール・アダレイのグループは1960年代後半にかけてクロスオーヴァーな活躍をし大きな成功を収めた。

1962年には、セルジオ・メンデスと共演しボサノヴァを取り入れた”Cannonball’s Bossa Nova”(Capitol)がヒット。
1963年7月には来日公演を行い、東京公演の模様はライブ盤”Nippon Soul”(Riverside)に収められた。
1966年にはソウル・ジャズの名盤として名高い“Mercy, Mercy, Mercy”(Capitol)を発表、タイトル曲はジョー・ザヴィヌルの作曲で、今も多くのアーティストによりカバーされている。

大食癖に起因する糖尿病と、偏頭痛に若い頃から悩まされていたが、1975年に脳梗塞で亡くなる。