Hank Mobley / ハンク・モブレイ

Hank Mobley / ハンク・モブレイ
Biography

ハンク・モブレーまたはモブレイ(Hank Mobley, 1930年7月7日 – 1986年5月30日)は、アメリカ合衆国のテナー・サクソフォン奏者で作曲家。本名はヘンリー・モブレー(Henry Mobley)。ハード・バップやソウル・ジャズのジャンルで活躍した。レナード・フェザーによって「テナー・サクソフォンのミドル級チャンピオン」と呼ばれたことで知られる。

モブレーの音楽様式は、とりわけソニー・ロリンズやコルトレーンと比較すると明らかなように、落ち着きがあって精妙かつ歌謡的であり、ジュニア・クックやジョージ・コールマン、ジョー・ヘンダーソンらに影響を与えたものの、その才能が識者に完全に評価されるには、モブレーが亡くなってからだった。

 ・ Spotify : Hank Mobley / ハンク・モブレイ

Hank Mobley / ハンク・モブレイの生い立ちと経歴

ジョージア州のイーストマンに生まれるが、ニュージャージー州ニューアーク近郊のエリザベスに育った。
初期の活動においてディジー・ガレスピーやマックス・ローチと共演する。アート・ブレイキーやホレス・シルヴァー、ダグ・ワトキンスおよびケニー・ドーハムと並んで、ハード・バップの画期的なセッションの一つに参加した。その成果は、アルバム『ホレス・シルヴァー・アンド・ジャズ・メッセンジャーズ』として発表されており、モブレーのよりブルージーな抒情性と、シルヴァーのファンキーなアプローチとのお蔭で、クール・ジャズの取り澄ました古典性とは対極にある。「ジャズ・メッセンジャーズ」が1956年に分裂すると、暫くはシルヴァーと演奏を続けたが、数年後にはブレイキーと再び共演するようになり、1960年代初頭のモブレーのアルバムにもブレイキーが出演した。

1960年代は主にバンドリーダーを務め、1955年から1970年にかけてブルー・ノート・レーベルに20枚以上のアルバムを録音した。1960年の『ソウル・ステーション』と『ロール・コール』は、代表作のアルバムである。最も重要なハード・バップの演奏家、例えばグラント・グリーンやフレディ・ハバード、ソニー・クラーク、ウィントン・ケリー、フィリー・ジョー・ジョーンズらと共演し、トランペッターのリー・モーガンとは、とりわけ実り豊かな協力関係を築いた。モブレーは、興味深いコード進行や、独奏者の見せ場を繰り広げたことにより、ハード・バップの時代の最も偉大な、独創的な作曲家の一人として広く認められている。

1961年のアルバム『アナザー・ワークアウト』は、どうしたものか1985年まで発売されなかったが、たちまち古典的名作として認められた。
モブレーは、1961年に一時期ジョン・コルトレーンの代役探しをしていた時期のマイルス・デイヴィスとも共演している。モブレーは、デイヴィスのアルバム『サムデイ・マイ・プリンス・ウィル・カム』に出演しており(但しいくつかの楽曲では、収録のためにコルトレーンが復帰している)、いくつかのライブ録音にも参加した。モブレーは、コルトレーンほどの即興演奏の熱気がないと見る向きもあるものの、それでも歌うような演奏で名高いテナー・サクソフォンの巨星であった。
1970年代半ばに肺の障害のため引退を余儀なくされる。1986年にデューク・ジョーダンと共演した後、肺炎により歿した。

Hank Mobley / ハンク・モブレイのアルバム

  • “Messages” (1956)
  • “Tenor Conclave” (1957)
  • “Soul Station” (1960)
  • “Roll Call” (1961)
  • “Straight No Filter” (1963)
  • “A Caddy for Daddy” (1965)