Lester Young / レスター・ヤング

Lester Young / レスター・ヤング
Biography

レスター・ウィリス・ヤング(Lester Willis Young、1909年8月27日 – 1959年3月15日)はテナーサックス奏者であり、クラリネット奏者でもある。
チャーリー・パーカーらのような偉大なミュージシャンたちから目標とされたジャズの演奏家。
歌手のビリー・ホリデイがテナーサックス奏者のプレジデント(代表)という意味でつけた、プレズ(Prez)の愛称で親しまれる。

カウント・ベイシー楽団に所属したレスターは、当時テナープレイヤーのスターとして君臨していたコールマン・ホーキンスのアグレッシブで荒々しい奏法とは正反対の、ソフトで優しい演奏スタイルで徐々に人気を博していった。当時、ジャズの街として知られたカンザスシティで、彼の人気と知名度はグングン上昇し、数多くのツアーとレコーディングを行った。

 ・ Spotify : Lester Young / レスター・ヤング

  

1936年 から1940年の間にレスターがベイシー楽団と行ったレコーディングは、革命的といえるものだった。バンドの“テンポ”にとらわれるのではなく、彼のソロは“漂うように”流れ、そこには彼独特のテンポが存在していた。真のアドリブ奏者であり、ソロパートを演奏するたびに毎回次から次へとまるで異なるフレーズが飛び出した。

1959年 死去。