ジャズの人気盤としてはトップ・クラスにランクされる屈指の名盤。マイルス・バンド時代のキャノンボールは58~59年にかけて、『マイルストーンズ』『ポーギーとベス』『カインド・オブ・ブルー』といったマイルスの諸作に参加したが、本作はまさにそうした時代の録音。
契約上の関係でキャノンボールのリーダー名義になっているが、実質上のリーダーはマイルスだったといわれる。確かにアルバムのハイライトはマイルスの絶妙なミュート・プレイが冴える<1>。この曲はジャズのレパートリーとしては間違いなくベスト3に入る人気曲だが、それもすべて本作におけるマイルスの名演ゆえ。だからこの1曲を聴くために買っても絶対に後悔はしないはず。

リズム・セクションがハンク・ジョーンズ、サム・ジョーンズ、アート・ブレイキーといった腕達者ぞろいも魅力だ。「ジャズって難しそう」と思っている人がいたら、まずこのアルバムから聴くといい。もしこのアルバムを聴いてつまらないと感じたら、それはジャズとは縁がなかったということだ。(市川正二)

マイルス・デイヴィス、ハンク・ジョーンズ、アート・ブレイキー他が参加した、`58年録音盤。 (C)RS

GooglePlay Music : Somethin’ Else (1958) / サムシン・エルス

Sportify : Somethin’ Else (1958) / サムシン・エルス


Somethin’ Else / amazon.co.jp

This wondrously relaxed blowing session was recorded in 1958 when Julian “Cannonball” Adderley was a member of Miles Davis’s group–the one that recorded Kind of Blue–and the date is as much the trumpeter’s as it is the altoist’s. Davis’s voice is much in evidence, from the subdued fire of the ballads to the crackling flames of the title tune, while Adderley’s creamy alto invokes earlier swing and blues masters as well as Charlie Parker. The ballads and long, medium-tempo blues are complemented superbly by the thoughtful voicings of pianist Hank Jones and the great rhythm section of bassist Sam Jones and Art Blakey, who distinguished every session they participated in together. While Davis’s Columbia recordings of the period were often ambitious and groundbreaking music, this Blue Note date is a more casual masterpiece. –Stuart Broomer