スピーク・ノー・イーヴルは、ウェイン・ショーターの『ナイト・ドリーマー』『ジュジュ』に続く1964年ブルーノート3部作の最後を飾るアルバム。タイトル曲や「ウィッチ・ハント」など独特のミステリアスなショーター・ワールドを展開。マイルス・デイヴィス~ジョン・コルトレーン周辺の若い才能が結集したブルーノート新主流派を代表する傑作。 (C)RS

 ・ amazon : Speak No Evil

1965年までジャズ・メッセンジャーズ、1970年までマイルス・グループ、その後ウェザー・リポートと常にジャズ・シーンを牽引してきたショーターのメッセンジャーズ在籍時の作品。やや暗めなテーマによる自作曲での浮遊感の漂うサックスがなんとも独特。「CDジャーナル」

 ・ Google Play Music : Speak No Evil (1964) / スピーク・ノー・イーヴル

 ・ Spotify : Speak No Evil (1964) / スピーク・ノー・イーヴル

ディスク:1
1. Witch Hunt
2. Fee-Fi-fo’ -Fum
3. Dance Cadaverous
4. Speak No Evil
5. Infant Eyes
6. Wild Flower