David Sanborn / デイヴィッド・サンボーン

David Sanborn / デイヴィッド・サンボーン
Biography

デイヴィッド・サンボーン (David Sanborn、1945年7月30日 – ) はジャズ・フュージョン界で活躍するサックス白人奏者であり、彼の活躍はスムーズ・ジャズへの影響も深い。ユニークで渋みのあるファンキーなプレイが特徴。歌うように奏でるその音色は「泣きのサンボーン」とも呼ばれる。

 ・ DAvid Sanborn / amazon

 ・ Spotify : David Sanborn / デイヴィッド・サンボーン

David Sanborn / デイヴィッド・サンボーンの経歴

1945年7月30日、フロリダ州タンパで生まれ、子供の頃セントルイスに移る。幼少より小児麻痺にかかり、医師の勧めでリハビリを兼ねてサックスをやり始めた。ブルースやジャズに影響され才覚を育てたサンボーンは、10代半ばにはアルバート・キングとも競演した。様々なミュージシャンとセッションをこなし、1975年、ワーナー・ブラザーズと契約し、『Taking Off』でデビューした。

1978年、ピアニスト深町純が中心となり、マイク・マイニエリ、ブレッカー・ブラザーズ、スティーヴ・ガッド、リチャード・ティー等が参加した「ニューヨーク・オールスターズ」にも参加した。

1983年、ローリング・ストーンズの『アンダーカヴァー』収録曲「プリティ・ビート・アップ」にゲスト参加。

1991年にエレクトラに、2003年にヴァーヴ・レコードに、2008年にデッカ・レコード(US)に移籍する。