Eric Dolphy / エリック・ドルフィー

Eric Dolphy / エリック・ドルフィー
Biography

エリック・ドルフィー(Eric Dolphy, 1928年6月20日 – 1964年6月29日 )は、ジャズのバスクラリネット、アルト・サックス、フルート奏者。アメリカ合衆国ロサンゼルス生まれ。
卓越した技巧と独特のアドリブフレーズで知られる。
それまでクラシックにおいて使用されるのが主だったバスクラリネットをジャズの独奏楽器として用いたことは、後のジャズ奏者に多大な影響を与えた。
彼の独特な音楽観から、時にフリー・ジャズに分類されることもあるが、基本的には音楽理論に則りアドリブを展開していくスタイルである。

 ・ Spotify : Eric Dolphy / エリック・ドルフィー

Eric Dolphy / エリック・ドルフィーの生い立ちと経歴

1958年チコ・ハミルトン楽団に参加。その後チャールズ・ミンガス楽団に加わる。同時にソロ活動も開始した。
1961年にトランペット奏者ブッカー・リトルとの双頭コンボを組むも、同年10月のリトルの急逝で頓挫。1961年~62年まで、ジョン・コルトレーンのグループに参加し、1964年には再びミンガス楽団に加わった。
糖尿病による心臓発作のため、ベルリンにて他界。遺品となったバスクラリネットとフルートは、ドルフィーの両親からコルトレーンに贈られた。

Eric Dolphy / エリック・ドルフィーのアルバム

代表作には『アウトワード・バウンド』『アウト・ゼア』『アット・ザ・ファイブスポットvol.1&2』『アウト・トゥ・ランチ』『Other Aspects』『ラスト・デイト』などがある。サイド・マンとしても多くのすぐれた演奏を残した。チャールズ・ミンガスの『ミンガス・プレゼンツ・ミンガス』オーネット・コールマンの『フリー・ジャズ』オリバー・ネルソンの『ブルースの真実』ジョージ・ラッセルの『エズゼティックス』などがある。