ソニー・ロリンズを知るためのキーワードとして、“カリプソ”と“ピアノレス”は欠かせない。前者に関しては、母親がヴァージン諸島の出身だったので、幼いころから自然な形でカリプソを耳にしながら育ったという環境上の要因が大きく作用している。後者については、なぜそうなのかはよくわからないが、ピアノレスといえばロリンズを真っ先に思い浮かべるジャズ・ファンは少なくない。
本作は1957年に録音したロリンズ初のピアノレス・トリオ作品。この年、ロリンズはマックス・ローチのバンドで西海岸に赴いたが、その際に現地調達のレイ・ブラウンとシェリー・マンを加えて録音したアルバムが本作。要するに、「アート・ペッパー・ミーツ・ザ・リズム・セクション」の逆バージョンである。ピアノを外すことによって、元々自由奔放なロリンズがさらに自由な空間を手に入れ、天衣無縫なプレイを繰り広げる。スタンダードのほか、<1><4>といった西部劇映画の曲を取り上げており、このあたりも本作のユニークなところ。(市川正二)

GooglePlay Music : Way Out West (1957) / ウェイ・アウト・ウェスト

Spotify : Way Out West (1957) / ウェイ・アウト・ウェスト

Over his long and distinguished career, Sonny Rollins has made many dozens of albums. Among those recorded during the Fifties, Prestige’s Moving Out (OJC 58) and Saxophone Colossus (OJC 291), Blue Note’s A Night at the Village Vanguard, Riverside’s The Sound of Sonny (OJC 29), and Way Out West on Contemporary qualify as all-time Rollins classics. The session for Way Out West, Rollins’s first ever in California, was called for 3 a.m. to accommodate everyone’s busy schedules. Sonny, who could never be accused of overstatement, announced after four hours of recording: “I’m hot now.” With Ray Brown, Shelly Manne. Tracks: I’m an Old Cowhand, Solitude; Come, Gone; Wagon Wheels, There Is No Greater Love, Way Out West.

Way Out West / amazon.co.jp